ぷくぷくデリカ

ぷくぷくデリカでは料理・映画・旅情報など様々なコンテンツをお届けします!

【真相!!】ガイドブックとは違うモン・サン=ミシェル

こんにちは!ぷくぷくです😃

皆さん、フランスの観光スポットの一つといえばモン・サン=ミシェルですよね(笑)

 

今回はフランスに1年間滞在していた私がガイドブックには載っていない本当のモン・サン=ミシェルについてお話させて頂きます。

 

 

 

モン・サン=ミシェルって?

f:id:pukupukudelica:20190415013105j:plain

 

 モン・サン=ミシェルはフランスの北西部に位置するノルマンディー地方イギリス海峡と大西洋に面したサン・マロ湾に浮かぶ小島にあります。

 

この立派な建物は何の建物かご存知ですか?

この建物は1000年以上も前に建てられ、崩壊、修繕を繰り返し13世紀に今の形になったといわれている修道院なんです。

私は最初てっきりお城かと思っていました😅

モン・サン=ミシェルとは「聖ミカエルの山」という意味でその名の通り写真だと見にくいですが建物のとがった屋根の先には黄金のミカエル像が立っています。

アクセスは?

このモン・サン=ミシェルに行くにはパリ・モンパルナス駅からフランスの高速鉄道TGVで2〜3時間ほどのレンヌ駅に行き、そこからモン・サン=ミシェル行きのバスを使い1時間半ほどで到着します。

着くバス停はモン・サン=ミシェルの島の対岸にあり、そこから橋をわたり島へと向かいます。この橋こは歩いて渡ることもできますが30分から40分ほどかかるので無料のシャトルバスのご利用をお勧めします。

シャトルバスは5〜10分間隔で出ており、15分ほどで到着いたします。

 

が!正直ほかのフランスの観光地に比べて時間もお金もかかります。

 

現地でも行き方、帰り方がわからず迷っている日本の方を何人もお見掛けいたしました。特にレンヌ駅からモン・サン=ミシェル行きのバス停は駅から少し歩いたところにあり、看板もわかりにくいです💦

 

宿泊施設は?

宿泊施設に関してはモン・サン=ミシェルの島内にもありますが、対岸のホテルに比べお値段が張る場合もあります。

島の中の雰囲気を存分に味わいたい人にはぴったりですが、正直対岸のホテルに泊まり、そこから景色を見るほうがきれいです(笑)

私は対岸にある⭐⭐⭐⭐ホテルメルキュールモン・サン=ミシェルに宿泊しました。

ここは部屋によってはモン・サン=ミシェルがみえ、この後ご紹介するお勧めレストランの横にあり食事も便利!

 

こちらからホテル比較できます

 

島内の雰囲気

島内に入る門をくぐると修道院まで続くメインストリートがあります。坂道がしばらく続しますが、道の両側にお土産屋や、レストランが並んでいます🍽

 

f:id:pukupukudelica:20190419020429j:plain

 

ちなみにお土産に関してはクッキー塩キャラメルノルマンディー地方の名産品リンゴのお酒のカルヴァドスなどが多く並びます。

 

モン・サン=ミシェル自体がとても古いので、道は広くはなく、観光客が多い日だと歩くのがやっとです😅

 

修道院の中はゴシック様式を中心に長年の増築や改修の証に様々な建築様式が健在しております。外の華やかさに比べ中はとても落ち着いた雰囲気で薄暗く、想像よりも少し寂しくさえ思えました💦

 

f:id:pukupukudelica:20190419020904j:plain

 

ただ、最上階にある回廊は光が差し明るく開放的な雰囲気です。

 

f:id:pukupukudelica:20190419020508j:plain

 

全体的に予想よりは少し落ち着いた感じですか、建物により建築様式がことなりとても歴史を感じます。

また、ところどころ外の景色を見ることができ、眼下に広がる海を見渡すことができます

 

f:id:pukupukudelica:20190419020552j:plain

干潮時は水が減り陸地が見渡す限り広がります。

 

島の全景

f:id:pukupukudelica:20190415054449j:image

島を対岸側から見ると草原と海の中にポツリと浮かぶ修道院の姿がとても印象的です。

今は見えている陸地も満潮時には青い海に囲まれた孤島へと変化します。

どちらの時期も違った印象で楽しめます。

 

ちなみに干潮の時期には島の周りの砂地を探索することができますが、この地では流砂が多く、死亡事故も後をたちません、とても危険なのでかならずガイドと回ることが義務付けられています。

島の入り口にも様々な国の言葉で注意書きが!

 

1番のおすすめは夕焼けから夜景にかけてです!

 

f:id:pukupukudelica:20190415055314j:image

こちらは夕焼けの景色

広がる砂地の奥にオレンジの夕日が沈み始め、一時的にモン・サン=ミシェル影絵のようになり、とても幻想的。

 

f:id:pukupukudelica:20190415055447j:image

夜になると今度はライトアップが始まり、昼間の雰囲気とは違った美しさがあります。

写真にもあるように、ところどころに残った水たまりに反射し、とても幻想的に✨

 

ディズニー映画、ラプンツェルのお城のモデルとなったと言われていますが、その理由がわかる気がします😆

 

ガイドブックに騙されるな!!

いきなり過激な見出しですが、決してガイドブックを否定しているわけではありませんのでご了承ください(笑)

私が実際に行ってみてガイドブックとは異なった感想を持ったことをお話しいたします。

 

絶品!大人気のオムレツ

これ。。。ほとんどのガイドブックや観光サイトにかいてあるモン・サン=ミシェル名物オムレツです。

 

ふわふわトロトロなオムレツ。見た目が豪華なだけに、多くの観光客に大人気!

モン・サン=ミシェルに入ってほど近くにある〈ラ・メール・プラール〉というお店。このお店こそあのオムレツのお店です。

入り口付近では店員がボウル🥣と泡立て器で軽快なリズムを刻みながら卵を混ぜています(笑)

 

このオムレツ。何が言いたいかといいますと、コスパがわるい!!

 

まずこのオムレツ、プレーンから、きのこクリーム🍄、オマール海老が付いたものなどがあります。

 

問題がそのお値段。一番安くても25€ほど、日本円でおおよそ3,250円

オムレツですよ!?しかも日本のぎっしりとしたのじゃなく、ふわっふわの泡みたいなやつです😅(もちろんそれがあっての名物なのですが、、、) 

 

そして高いものだと50€!!6,500円😰

 

しかもフランスはサービス料がかかるので飲み物込みで1万円近くになることも!!

 

オムレツの味に関しては、これがまた味気ない。塩入れ忘れたのかな??って感じです笑

 

ネット上ではこれをオムレツ詐欺なんて呼ぶ人も💦

 

もちろん個人によって感じ方は様々なので、思い出づくりに楽しむのもいいでしょう!

モン・サン=ミシェルまで行けないけど食べてみたい!って人は、東京にこのお店の支店があります。こちらは比較的お安く、1,800円程で楽しめます。(それでもオムレツにしては高い気がしますが)

www.la-mere-poulard.jp

 

何を食べればいいの?

オムレツがそれなら何がいいの?

そう思う方もいらっしゃると思います。

そこで私が食べておススメできるものをご紹介!

 

まずはこちら!

f:id:pukupukudelica:20190416210356j:image

こちらもモン・サン=ミシェルの名産。

プレ・サレというひつじのお肉。

このひつじはモン・サン=ミシェル干潮の時に周りの牧草を餌とします。その牧草は普段海水の中なので塩分を多く含みそれを食べたひつじのお肉は柔らかくなると言われています。

 

希少価値が高くフランス国内でも高級レストランなどでたまに見かけますがほとんどありません。モン・サン=ミシェルの対岸にある〈LE PRÉ SALÉ〉ではこのひつじを食べることができ、値段も1番高いコースで35€ほど。ひつじ単品なら18€(¥2,300)ほどで食べられます。

 

食べてみると、たしかに他で食べるひつじよりかなり柔らかくジューシー🤤

ひつじの臭みもなくとても美味しく、満足です!

 

もう1つ、モン・サン=ミシェルの名物と言えばムール貝です!

 

f:id:pukupukudelica:20190419020654j:plain

 

このムール貝モン・サン=ミシェル特有の強い潮の満ち引きによって育つため、小ぶりながらも身が引き締まりしっかりとした味を感じられます

 

フランス🇫🇷のムール貝のシェア1/5を担うこのムール貝は海産物で初めてAOCというフランスで上質なものに与えられる称号を獲得。

他の地域のものとは一線を画する最高品質のものです。

 

写真のように、ココットと呼ばれる鍋の中で白ワイン蒸しにされ、ポテトフライとともに出てきます。初めはボリュームに驚きますがぺろっと食べれます😆

このムール貝名物シードル(りんごのお酒🍎)は相性ぴったり!!

中にはこのシードルで蒸したものもありました笑

 

モン・サン=ミシェルで食べるならこの2つが私のおすすめです!!

 

まとめ

ここまで書いたように、実際行ってみるとガイドブックとは違ったものが見えてきます。もちろんそのなかには、ガイドブックよりも良いこともあればよくないことも(笑) 

でも、実際にその場へ訪れることで自分自身で体感することができます!

 

この記事で書いたことも私の価値観にすぎませんので、参考程度に機会がある方は是非実際に訪れてみてください😁

以上ぷくぷくでした!

旅行予約ならこちら

お得なモン・サン=ミシェルツアーあります😊